コマーシャルNo.1

コマーシャルNo.2

コマーシャルNo.3

コマーシャルNo.4

コマーシャルNo.5

コマーシャルNo.6

コマーシャルNo.7

Home
子犬情報
ご購入までの流れ
ご購入後のお取扱い
豆柴について
巣立った子犬たち
お問い合わせ
FAX用お問い合せ
豆柴の価格
会社案内
親犬紹介・犬舎案内 アクセス 相互リンク 壁紙ダウンロード

 豆柴の豆知識
豆柴は、日本人が古来より愛し続け育成してきた柴犬を現代の生活環境に順応させるべく体型の小さな柴犬を選び、何代にもわたり交配したものです。その遺伝的特質は柴犬の特徴を著しく受け継いでおり、素朴でありながら気品に満ちており勇猛果敢で主人に忠実。小型犬ながらも古武士のように凛とした風貌と敏捷性は柴犬そのものであり、加えて、小型化による愛らしさを伴う犬種である(KCジャパン公認豆柴犬種標準書(スタンダード)より引用)。
まだ専門的な知識をもって研究をしている人は非常に少数です。豆柴犬の元祖は京都と言われて居ます。2〜3匹いたと思われ現在は東京を中心に京都、九州、大阪、静岡県等で繁殖が行われています。


 柴犬と豆柴のKCジャパン規格
豆柴(まめしば)犬とは、オスの場合は体高30cm〜34cm、メスの場合は体高28cm〜32cmです。
体重は5kg(+-5%)で登録上では体重は関係ありません(KCジャパン規格)。なお、柴犬の雄の大きさがおおむね体高35〜41cmです。
柴犬
日本犬保存会標準
オス
38〜41cm
当研究所の豆柴犬標準サイズ
メス
35〜38cm
オス メス
豆柴犬
KCジャパンスタンダード
オス
30〜34cm
標準体高 30cm 30cm
メス
28〜32cm
上下容赦 1.5cm 1.5cm
当研究所の小さなサイズの豆柴
オス
30cm以下
上眼、下眼容赦 31cm−34cm 29cm−32cm
メス
28cm以下
標準中間体高 31.5cm 31.5cm


 豆柴を選ぶポイント
1 生まれた時の体重
2 父、母犬の血統(豆柴であること)
3 お客様が自分の犬にする時の体重(出荷時)
4 10ヶ月〜1年後、又は発情の時の体重
5 体高は30cm位が良いですが全体のバランスの良い子犬を選ぶ。
6 毛色の良い子犬。
7 賢い子犬。(むずかしいかな?)
8 タヌキ顔とキツネ顔がある。
9 マンション、家の中で飼育するか外で飼育するかを考えて決める。
10 貴方に合った豆柴を選ぶ。
会社概要&特定商取引法に基づく表記 個人情報保護 セキュリティポリシー&免責事項 ご意見・お問合せ 相互リンク